2019年1月22日火曜日

ミスター・ガラスを見てきた

昨日、イオンモールにある東宝シネマで、「ミスター・ガラス」(原題 Glass)を見てきました。

1月18日公開のアメリカ映画で、アメリカでも18日の同時公開上映で、入場者数や興行収入で話題になっているようです。

昨年10月に、ブルース・ウィリス主演「狼よさらば」の再映画化と言われる「デス・ウィッシュ」を見たあとに、この「ミスター・ガラス」が来るということで楽しみにしていました。

監督 (鬼才)M・ナイト・シャラマン

主なキャスト
デヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)不死身の体と悪を感知する能力
ケヴィン  (ジェームズ・マカヴォイ)24の人格、無敵のビースト
ミスター・ガラス(サミュエル・ジャクソン)非凡なIQ、壊れやすい体
エリー・ステイブル(サラ・ポールソン)精神科医
ジョセフ・ダン (スペンサー・トリート・クラーク)デヴィッドの息子

配給 ディズニー

このミスター・ガラスは、19年前にブルース・ウィリスとサミュエル・ジャクソンが共演した「アンブレイカブル」と、ジェームズ・マカヴォイ主演の「スプリット」との続編かつ、3部作の完結編というもので、”スーパーヒーロー”は実在するのか?というタイトルが付いた、サスペンス・スリラー映画です。

感想としては、監督の「仕掛け」理解できるが、前半は緊張感・わくわく感があったものの、やや中だるみ、さいごのクライマックスは意外で、アクションも期待値がかなり高かったので、それから考えると少し物足りないという感じはしました。

ジェームズ・マカヴォイは、身長170センチと小柄なのにビーストを演じると、それを感じさせない大きな演技で、まさに怪演でした。

ということで、全体的にまずまず面白かったとは言えます。
ただ「アンブレイカブル」の方が面白かったかなという感想が残ります。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
  にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画レビューランキング