2018年11月13日火曜日

好きな作家のデビューまでの経歴


シェークスピア イメージ

好きな作家の一部ですが、皆様それぞれ作家になるまでにいろんな経験をされています。


スティーブン・キング

母子家庭で育ち、(「乾杯の歌」で知られる)米国北部のメイン大学を卒業したものの、教師の口が見つからずクリーニング屋で働き、やっと公立高校の職を得る。
教師をしながら小説を書くのが厳しく、経済的に苦しくトレーラーハウスで生活し、アルバイトもしていた。
卒業の3年後「キャリー」のペーパーバック版で作家デビュー。


ジョン・グリシャム

父親が季節労働者で、全米を転々とし、12歳の時ミシシッピ州に落ち着き、道路工事・店員などのアルバイトをしながら高校・大学と進む。
卒業後個人弁護士事務所を開設、おもに公費弁護人での事件を多く担当し、その後の小説のネタとなり、裁判や訴訟に関する小説を執筆する。


リー・チャイルド

イングランドの中流家庭に育ちシェフィールド大学卒業後、民間テレビ局に、41歳まで勤め労働組合の役員も務めたが、リストラに遭い失業し、作家に転身。


マイクル・コナリー

ジャーナリズムを専攻したフロリダ大学を卒業後、地元で新聞記者としてキャリアを積む。
12年後、「ナイトホークス」で作家デビュー。


パトリシア・コーンウェル

フロリダ州マイアミ出身、ノースカロライナのデヴィッドソンカレッジを卒業後、記者、テクニカルライター、コンピュータ・アナリストを経て作家に。


ジョー・イデ

日系アメリカ人で、治安の悪いロサンゼルス・サウスセントラルで育ち、黒人の友人が多い。
小学校教員、コンサルタント、NGO運営、電話代行業などを経験し、50代後半に「IQ」で作家デビュー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
IQ (ハヤカワ・ミステリ文庫) [ ジョー・イデ ]
価格:1144円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

この本の感想を、10月4日の私の日記ブログ、日系米人にもこんな作家がいた と言う記事で書きましたので、宜しければご参考にして。


様々な経歴(職業)を経て作家デビューを果たし、人気になっている作家の皆さんですが、苦労して作家になった経歴を見ると、自分の若いころを重ね合わせて、とても親近感がわきます。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

読書日記ランキング